会社設立,起業の事例からあなた事業をコンサルティング

行政書士清野祐介会社設立,起業HOMEお客さまの声サービス一覧プロフィール問い合わせサイトマップ

会社設立/起業HOME » なぜ会社設立・起業するのか?

なぜ会社を設立、または起業するのか?

「なぜ(何のために)会社を設立、または起業するのですか?」というのは、おかしな質問でしょうか?(笑)

「前の会社が不況で倒れて...」、「介護福祉の分野で高齢者をサポートしたくて...」などいろいろあるかと思います。しかし、それがホンネであれば、会社経営のリスクを負ってまで起業しなくても、会社員として働いていても実現可能なことです。

会社員であれば毎日出社して業務をこなしていれば、多少の差はあれど生活していけるだけの給料が月末に必ず入ってきますし、残業や上司との人間関係はあっても、経営者の苦悩と比べれば肉体的・精神的にもラクだと思いませんか?

私がお会いする方の多くが会社設立・起業を目指す理由は、正味なところ「会社に勤めて稼ぐ給料よりも高い給料を得て、いい暮らしがしたいから」をいう考えをお持ちです(第一次的)。

何の事業をやるかというのはそのための手段であって、お客さまの利益を実現するというのはその結果であり、これらは第二次的なものです。

既に金銭的に裕福な方は別ですが、第一次的要素によって生活が安定していなければ、第二次的要素を実現するために会社設立・起業するという意味がありません。

朝から晩まで、営業・契約交渉や事務処理、商品発送、接客サービスなど、売上を上げようと走り回るとします。それでも売上があがらず、毎月収支がギリギリで、資金がショートすると会社が役員から借入をして何とかやりくりいるような状況を想像してください。

会社経営を始めたら、毎日時間に追われて寝る時間を削ってまで仕事をするのに、売上が上がらずどうにもならない。しかし、それは全て経営者であるあなたの責任です。

つまりそれだけ大きな責任・リスクを負って会社を経営しているのだから、それに相応しい給与が入ってこなければバランスが取れないのです。

あなたがいくら理想を描いて会社設立・起業しても、綿密な事業プランニングの末に事業を開始しても、新米経営者の苦悩や、壁にぶち当たる時というのは遅かれ早かれ必ずやってきます。

会社を設立する場合でも、個人事業を開業する場合でも、現実の経営はきれいごとではありませんし、情熱や理想だけでは成功への道のりはとても険しいものです。売上をあげるのも、経費や給料を支払うのもすべて、あなたの経営手腕にかかっているのです。

ですから、会社を設立したらとにかく売上を上げるための戦略を充分に考え、それに基づいて積極果敢に行動してください。私たちは、そのための最大限のサポートはいたしますので!

ページトップへ

会社設立・起業/ファイン新潟行政書士事務所

2007 - 2010 ©  ファイン新潟&行政書士清野祐介 / powered by web cubic(新潟ホームページ制作作成/SEO対策)