会社設立,起業の事例からあなた事業をコンサルティング

行政書士清野祐介会社設立,起業HOMEお客さまの声サービス一覧プロフィール問い合わせサイトマップ

会社設立/起業HOME » 新米経営者に必要なもの

新米経営者に必要なもの

会社設立・起業して間もない新米経営者にとっても最も必要なもの、それは早期に経営感覚を身に着けることであると私は考えます。

それまで会社員として、誰かが経営を行う会社の中で仕事をしている方は、たとえ部下を抱える上司という立場であっても、それは「経営感覚」ではなく、「管理力」に過ぎません。管理力は経営者としての能力の一要素にすぎません。

ひとくちに「経営感覚」といっても抽象的ですが、要するに「経営者として、従業員とは異なる次元での物事の考え方、状況を的確に把握して判断する力、論理的な決断とそのスピード」が求められるのです。

ただ、どんな優秀な経営者でも最初からそれらを持ち合わせていたわけではなく、会社設立・起業してさまざまな経験を積み重ねることによって身に着けて行くものです。

私自身、26歳のときに起業して経営を続けてきましたが、今日に至るまでには人知れず失敗や苦悩などがありましたし、それはどんな新米経営者でも避けては通れぬ道であると思います。

会社経営において、経営者は的確に現状を把握して、将来を予測して会社を回していかなければならないのですが、新米経営者にとってはあらゆることが初めての経験です。

初めての経験で得た成功や失敗、お客さまからいただいた感謝の気持ちやお叱りの言葉など、外的要素から自らを謙虚に見つめ直し、また新たな一歩を踏み出すこと、その繰り返しによって経営感覚を身に着けて行きましょう。

ページトップへ

会社設立・起業/ファイン新潟行政書士事務所

2007 - 2010 ©  ファイン新潟&行政書士清野祐介 / powered by web cubic(新潟ホームページ制作作成/SEO対策)