会社設立,起業の事例からあなた事業をコンサルティング

行政書士清野祐介会社設立,起業HOMEお客さまの声サービス一覧プロフィール問い合わせサイトマップ

会社設立/起業HOME » 社会保険料・労働保険料

社会保険に労働保険、会社はいくら負担する?●

種 別 保険料率 会社負担分
健康保険(40歳未満)  8.18 %  4.09 %
厚生年金保険 15.704% 7.852%
雇用保険  1.1 %  0.7 %
合計 約25% 約12.5%
※ 40歳以上の方の健康保険の料率は介護保険も含むため、
   合計9.37%、会社負担分4.185%となります。

社会保険(厚生年金保険/健康保険は一体加入)と雇用保険の毎月のコスト(保険料)の計算はとても簡単です。

保険料は、「給与+手当」の総額を基本に、従業員一人ひとりについて、毎月の支払いごとに計算します。

保険料率は、健康保険と厚生年金保保険で異なりますが、「給与+手当」の総額に表の保険料率をかけてを合算したものが保険料となります。

健康保険料と厚生年金保険料はを合算した社会保険料は、半額が従業員の負担、半額が会社の負担となります。雇用保険料は約4割が従業員負担、残りが会社負担になります。

参考のため細かい数字を出していますが、おおむね会社負担は12.5%程度とお考えください。ただし、保険料率は頻繁に変わるので、注意が必要です。

社会保険は毎月月末、もしくは翌月初めに金融機関からの自動引き落しで納付します。

【給与額別の保険料(会社負担分)】

  給与 10万円 給与 20万円 給与 30万円
健康保険(40歳未満) 4,008円 8,180円 12,270円
厚生年金保険 7,694円 15,704円 23,556円
雇用保険 700円 1,400円 2,100円
合計額 12,492円 25,284円 37,926円
※ 40歳以上の方の健康保険料は介護保険料も含むため、それぞれ4,591円、9,370円、14,055円となります。

» 健康保険料率表

» 厚生年金保険料率表

ページトップへ

会社設立・起業/ファイン新潟行政書士事務所

2007 - 2010 ©  ファイン新潟&行政書士清野祐介 / powered by web cubic(新潟ホームページ制作作成/SEO対策)