会社設立,起業の事例からあなた事業をコンサルティング

行政書士清野祐介会社設立,起業HOMEお客さまの声サービス一覧プロフィール問い合わせサイトマップ

会社設立/起業HOME » 会社経営と税金

避けては通れない! 税金の話

これまで各テーマでお話してきましたが、会社設立・起業すると税金の問題が常につきまといます。

会社の場合、1年に1回の決算作業で「売上-経費=利益」に対して法人税が課税されます。また、この利益の部分がマイナス(赤字)でも70,000円の税金が必ずかかります。

例えば、「売上:1,000万円、経費:900万円」なら利益は100万円で、この100万円に対しては税金が課税されます。どれくらいの税金(法人税の合計)が課税されるかというと、利益の約45%です!利益100万円で計算すると、必ず課税される7万円の税金がありますので、合計で約52万円となります。

【例】100万円の課税所得(≒利益)が出た年度の税金

税金の種類 税 額 or 税 率 100万円の課税所得
(≒利益)の計算例
法人県民税 均等割 2万円 (赤字でも必ず課税 2万円
法人税割 5.0% 5万円
法人市民税 均等割 5万円 (赤字でも必ず課税 5万円
法人税割 13.5% 13.5万円
法人税
  • 所得800万円以下の部分  22%
  • 所得800万円超の部分    30%
22万円
法人事業税
  • 所得400万円以下の部分 5.0%
  • 所得400万円超800万円以下の部分 7.3%
  • 所得800万円を超える部分 9.6%
5万円
税額の合計 52.5万円

※ 上記は計算例であり、実際の税額算定と一致しない場合があります。

ちなみに、売上高が1,000万円を超えると、超えた年の翌年度は消費税が免除されますが、翌々年度の決算以降は消費税を納めなければなりません。2010年1月~12月の会計期間に売上高が1,000万円を超えた→2011年は免除されるが、2012年は消費税を納める、というような具合です。

ページトップへ

会社設立・起業/ファイン新潟行政書士事務所

2007 - 2010 ©  ファイン新潟&行政書士清野祐介 / powered by web cubic(新潟ホームページ制作作成/SEO対策)