会社設立,起業の事例からあなた事業をコンサルティング

行政書士清野祐介会社設立,起業HOMEお客さまの声サービス一覧プロフィール問い合わせサイトマップ

会社設立/起業HOME » 経営と資金繰り

資金繰りはラクじゃない!?

経営にはお金がかかるものです。例えば、今皆さんの銀行口座に500万円あるなら、その全額をつぎ込むくらいの覚悟がないのであれば、会社設立・起業を考え直したほうがいいかもしれません。
(実際に500万円全額を使うかどうかは別として、「経営者としての覚悟」の問題です。)

何度もお話している通り、「経営者とは人とお金を動かしてナンボのポジション」です。経営者の至上命題は売上を上げること、そしてそれが最終的に経営者の所得の源となるのです。

会社経営を始めると常に資金繰りに注意を払わなければなりません。資金繰りというと、単純に「売上がなく月末に経費や買掛金(仕入)・外注などの支払いができない状況」をイメージなさるかもしれませんが、それだけではありません。

売上は上がっている、しかし取引先に請求した売上が何らかの理由で入金されないなどの場合も資金繰りに行き詰る場合もあります。これは取引先に請求しても、相手方の締日は会社ごとに異なるため、実際に入金されるまでにタイムラグがあることが理由です。

このようなご時勢なので、毎月の資金繰りはしっかりと把握しなければなりません。運転資金がショートしそうなときは、代表者・役員から一時的に借入を行ったり、金融機関に融資申請を行ったりします。

金融機関への融資申請を行う場合には事業計画書、収支計画書のほか、直近の決算書(または月次決算書)などを提出するのが一般的です。

とくに月次決算書は、売上・借入の状況や経費内訳など、最近の経営状況が数字からかなり読み取れますので、重要な書類です。毎月の領収書や伝票などをきちんと処理して経理を行っていれば月次決算書の作成は容易です。

しかし、売上を上げるために目の前の業務ばかり行っていると、経理は後回しになってしまうのが実情ですが、これではタイムリーな資金管理や融資申請ができず、融資が先か資金が回らなくなるのが先かとあせってしまいます。

そうした意味もありますが、毎月の収支状況をきちんと把握し、事業プランと経営の軌道修正を数字面から図るためにも、毎月の経理処理をきちんとして自社の現状を資金繰りの面からも確認しておくことが肝心です。

ページトップへ

会社設立・起業/ファイン新潟行政書士事務所

2007 - 2010 ©  ファイン新潟&行政書士清野祐介 / powered by web cubic(新潟ホームページ制作作成/SEO対策)